美容室のメニューによる髪のパサつき

美容室のメニューによる髪のパサつき

美容室で髪を切るだけなら良いのですが、カラーリング、パーマ、縮毛矯正、などの薬剤を使ったメニューを利用する時には必ずと言ってよいほど髪の毛はパサつきます。これらのメニューはとても水分を使ってしまって、そのうえ髪の毛の栄養分も出て行ってしまうので、髪の毛にとってはとても良くない事ばかりやっている、と言う感じなんですね。ですから多くの人がパーマやカラーリングをした後には、髪の毛がギシギシしたりパサパサしたり、と言う髪質の変化を感じるに違いありません。これらはほとんどが髪の毛の乾燥なんですね。、ですが自分の理想のヘアスタイルにするためには、もはやカラーリングやパーマなしでは満足のいくヘアスタイルになることは出来ないでしょう。そうなるとパーマやカラーリングと同時に、その時に出て行ってしまう水分や栄養を補うためのケアをしなくてはならない、と言う事になります。これを怠ってしまうとせっかくキレイな髪色にしてみても、髪の毛がパサパサでまとまりがない、と言う事になってしまうんですね。丁寧な施術をしてくれる美容室では必ずと言ってよいほどカラーやパーマの前後でトリートメントをしてくれます。もしトリートメントをしてくれない町田駅で美容院の求人で業務委託であるならば、別料金を支払ってでもトリートメントを受けた方がよいですね。髪の毛の中に水分が含まれている、と言われてもあの細い髪の毛の何処に水分が含まれているのだろう?と思ってしまいますよね。ですが実際には乾燥している髪の毛としっかりと潤っている髪の毛とではその状態が全く違ってくるんですね。言うまでも無く水分が不足している髪の毛はパサついています。パサついた時に起きる困った現象の一つとして髪の毛がはねる、と言う事があると思うのですが、その髪の毛の跳ねの原因も実は水分不足なんですね。たとえば夏の日差しを浴びた後の髪の毛ってパサついていませんか?その逆でしっかりとトリートメントをしたりヘアミストをこまめに使っている様な髪の毛はあまり跳ねたりしないと思うのです。特に水分が不足しやすいのは毛先です。ですから髪の毛の跳ねが気になるのはたいてい毛先ではないでしょうか。髪の毛の水分が不足してくると明らかにパサパサした髪の毛に見えます。日頃髪の毛の水分量などあまり気にしていないと思いますが、実は髪のパサつきと密接な関係があるんですね。肌が潤いが不足するとカサカサするのと同じように、髪の毛に対してうるおいを意識してやらなくてはいけないんですね。最近髪がパサつく、とか今日は妙に髪がパサパサしている、と感じる時には、どの様な生活をしたか、そのあとで髪の毛にどのようなケアをしたか思い出してみるとよいでしょう。