未来が見える

未来が見える

未来が見える

 

多くの美容師たちがスタイリストになる前に美容室で働くことを諦めて退職してしまうのは、ひとつには「先が見えない」と言う事があると思うのです。一般的な会社であれば、余程の問題が無い限り何歳ぐらいでどれぐらいのポジションに付く事が出来て、どれぐらいまで給料が上がるであろう、と言う事が推測できますし、それを目標に頑張ることができます。それを実際にやり遂げている先輩方の姿も目の前にある事がほとんどです。ですが美容室で働くアシスタントにとっては、その事が何も保障されていない場合が多いように思われます。スタイリストデビューするためのプロセスと言うのは特に法令などで決まっているものはありません。ですからその美容室の先輩であったり店長や経営者の目が何叶えばスタイリストデビュー出来ますし、そうでなかればなかなか合格させてもらえない、といった事もあり得ます。極端に言えば「今はスタイリストはこれ以上必要ない」とお店側が判断すれば、どんなに練習して上手くできても合格させてもらえない、と言ったケースもあるかもしれません。そういった不確かな未来のために頑張る、というのはとても精神的には辛いはずです。先が見える職場であることが、スタッフを定着させるためには必要だと言えるでしょう。

 

採用よりも定着率

 

美容室が今苦悩しているのはスタッフの「定着率」ではないでしょうか。人材を確保するためには確かに多くの人を採用する事が必要かもしれませんが、採用してもそのほとんどが辞めていく状況を打開できなくては、極端に言えば美容室の将来はあり得ない、と言えるでしょう。ですから各美容室が今力を入れるべきことは、どうしたら採用したスタッフが辞めないようになるか、と言う事なのではないでしょうか。当然のことですが「辞める」と言う事はなんらかの不満があるからにちがいありません。もしくは体力的に持たない状況が出てきたからでしょう。美容師の場合にはそれらがダブルである可能性もあるでしょう。体力面や健康面に関しては本人の生活習慣や元々の体質と言う物も関係するかもしれませんが、不満や悩みというのは美容室側のやり方によるものが大きいと考えられます。採用された人たちにとって何が不安で何が辛くて何に耐えれられないのか、と言う事をきちんと雇う側が分析して改善していく必要があると思われます。たとえばそれが給料面の不満である場合は、改善したくても難しい事もあるかもしれません。売り上げが上がらなくては給与を改善したくても出来ない事がほとんどでしょう。では低い給料でも耐えられる事があるとしたら、何があれば耐えられるのか、と言う事を考えなくてはならないでしょう。

 

PICK UP

武蔵浦和駅でアシスタントの求人

武蔵浦和駅 アシスタント 求人 パート

 

吉祥寺で人気の美容院

吉祥寺にあるヘアサロン