気を付けたい海辺のレジャー

気を付けたい海辺のレジャー

夏と言えば海水浴!と思って毎年海辺での海水浴やキャンプを楽しんでいる人は多いと思うのですが、この海辺でのレジャーが髪の毛にかなりのダメージを与える原因となっているんですね。それは海の水には塩分が含まれているからなんですね。海水に含まれる塩は、水分を奪う働きがあるんですね。水分があると塩の方へと移動してしまうんです。髪の毛の中の水分も例外ではなく、海水が髪の毛についてしまうと髪の毛の中の水分が塩に奪われてしまい、髪の毛の乾燥を招いてしまうのです。最悪な事に海水の中で泳いでいると当然髪の毛は濡れてしまいますからそれだけでもキューティクルが開いてしまったとても危険な状態になっている訳です。その状態で水分が海水によって奪われてしまうのですから、普段のシャンプーなどで髪が濡れてしまうよりもはるかに大きなダメージと言えるでしょう。女性は海水浴後の髪の毛の手触りなどで、髪の毛がきしんだ感じになってしまった事を実感してその後のケアをする人が多いものですが、男性は短髪の人が多くあまり手触りを気にする人はいません。ケアを怠った結果、それが秋以降の抜け毛の原因となってしまう事もあります。海辺のレジャーの後はシャンプーをして塩分を落とし、きちんと保湿をしてケアしておくことが大切ですね。夏はどうしても暑いので汗をかきやすくなりますしべた付きやすくなります。そんな時に頭皮の状態はどんなふうになっているか、というとそもそも髪の毛で覆われている部位ですからかなりの高温多湿状態になっているに違いありません。ですから夏場の頭皮奈どうしても油っぽくなったり匂いがしたり、と言う状態になってしまいます。これらの状態はすべて抜け毛をもたらす原因となります。ですから夏場は頭皮こそを清潔に保つ必要がありますからシャンプーは毎日行う様にしてい者です。シャンプーでしっかりと余分な皮脂を洗い流して清潔にしておかなくてはなりません。ただあまりにも気にするあまり日に何度もシャンプーをしたり、と言うような事は逆に頭皮を傷めてしまう事になるので避けた方が良いのですが、夏場はどうしても外出から帰るたびにシャワーを浴びたり髪を洗いたくなってしまう事もあるでしょう。そういう人は頭皮がシャンプーの刺激で傷まない様にシャンプー自体を刺激の少ないものに変えてみると良いでしょう。低刺激のシャンプーと言えばアミノ酸系のシャンプーが一般的です。梅雨時期ぐらいからシャンプーをアミノ酸系のものに変えておきましょう。また時間やお金に余裕のある人は美容室で定期的にクレンジングを受けるのもおすすめですね。