それぞれのイメージ

それぞれのイメージ

結果的に近年世の中で使われている髪を切る場所の名称というのは、美容室、美容院、ヘアサロン、など様々な名称があるようですが、美容か理容か、という違いは明確なものがあっても、それ以外は大した違いは無いようです。ほぼその名称にイメージが違う、というだけのようですね。しいていえば「美容院」とか「理容院」と「院」と名付けている所は、わりと固い感じであったり美容師や理容師がその技術で勝負をしている様な所が多いような気がしますし、同様にカタカナの組み合わせでサロンと名付けている所もわりと年齢層が高いお客さんをターゲットにして料金の単価も高めに設定してあるような気がしますね。イメージでしかないのですが、逆に「室」でも「院」でも「サロン」でもなく、最近は「ヘアメイク」とか「ビューティー〇〇」といった名称も良く見かけるようになり、そういうお店は割と若い人とターゲットにして、誰もが入りやすい様なお店づくりをしている様な気がしますね。結果的にその経営者がとんなお店を目指すのか、どんなお客さんをターゲットとするのか、という事を考えた時に、そのイメージに合う名称をつけるのが一般的で、私達がそのお店の名称から抱くイメージとかけ離れている様な経営をしている所はあまりなさそうですね。美容室、美容院、といった呼び方のほかに最近では「サロン」と名の付く所も多くなってきたように思いますね。「ヘアサロン」「ビューティーサロン」「カットサロン」などです。いずれも髪を切る所には違いありませんが、なぜ「室」や「院」ではなくサロンという言葉が付くようになったのでしょうか。サロンという言葉は「室」や「院」と同じ意味なのだろうか、と思って調べてみた所、もともとは宮廷や貴族の邸宅で社交界の場として会話を楽しむ場である、というフランス語のようなんですね。確かにいろいろな「サロン」と名の付くところでは、人が集まって会話をしたり意見交換や情報交換をしているような場所が多いものです。確かに美容室にしても床屋にしても、お客さんと美容師の会話が弾めば色々な情報交換の場ともなり得ますね。昔から地域に根付いた美容室であれば、そこへ行けばその地域の情報が色々と得られるような感じでした。そして「サロン」と名が付けばなんとなくオシャレな気がしますよね。「室」とか「院」よりも上品なイメージがあります。もっとも日本人はなぜか外来語に対して、特別オシャレなイメージを抱くところがあるので、そう言った事も加味してサロンという言葉を店名に付ける経営者が増えたのかもしれませんね。美容室 ヘアサロン 溝の口 カット カラー パーマ 人気 口コミ