老化予防の実践

老化予防の実践

具体的に何をすれば老化現象を予防する事が出来るでしょうか。まずは頭皮の血行促進については、何が原因で血流が滞るか、という事を知らなくてはいけません。頭皮の血行不良は他の身体の部位と同じで、体が冷える、固くなる、ストレスと感じる、栄養状態、などによって加速します。つまり体全体に対して血の巡りに良い、とされている事を実践すればよいのです。それにプラスして頭皮に限って言えば頭皮マッサージが有効です。最近は頭皮マッサージグッズなども販売されていますから試してみるとよいですし、シャンプーの後などに指で頭皮を揉みほぐす習慣をつけておくとよいのではないでしょうか。またストレスが原因で肩や首にコリが発生し、その部分とつながっている頭皮の血流にも影響する事が多いものです。肩こりや首のコリや目の疲れなどは早目に改善しておきたいものです。ストレスに対してはとにかくストレス解消をする時間を自分で儲けるしかありません。趣味、運動、環境を変える、などの対策をとってストレスを軽減する事を心がけたらよいですね。ホルモンバランスに関しては、特に女性の更年期に対しては、女性ホルモンエストロゲンを似た働きをすると言われている大豆製品を多く摂取するのが望ましいと言われています。老化現象、と言われると20代、30代の方々は、まだまだ自分たちには関係ない、と思っている人が多いと思うのですが、実際にはそうではありません。髪の毛や頭皮の状態が老化に向けて変化し始めるのは20代後半と言われています。早い人では30代で明らかに老化現象感じ始める人もいるのです。ですから老化に向けて対策をとるのであれば、20代から意識的に始めなくてはならない、という事になります。ですが20代のうちから老化対策、と思うとちょっと憂鬱になりますよね。それからの人生の方が明らかに長いわけで、一番若々しく楽しく過ごせる20代で老化対策を意識するのはちょっと悲しい気持ちになります。ですがこの時期に出来る対策、というのは老化のみならず日々の髪の毛のケアとしてもとても良い事ばかりなんですね。美しい髪の毛を保つため、と考えれば前向きに取り組む事が出来ると思います。ただ意識しておかなくてはいけないのは、確実に20代後半から髪の毛の水分量が減ってくる、という事です。髪の毛の水分量が少なくなると見た目にはハリやコシが無くなったように見てきます。その現象を防ぐには、髪の水分量と大きく関わっているシャンプーやコンディショナーの質や使いかたを見直す事も大切だと言われています。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約