もともと人としゃべるのが苦手

もともと人としゃべるのが苦手

美容室において、美容師がお客さんへのサービスの一つとして楽しいトークをしなくてはいけない、という風潮が出てくると、もちろん美容師との会話が楽しい、と思うお客さんも多く出てきて、テクニックも良いけれどもあの美容師さんと会話をするのが楽しいのだ、というお客さんも出てくるでしょうけれども、逆にそもそも人と会話をする事が苦手な人にとっては、まるで美容師が会話を強要してくるかのように感じる人も出てきたのではないでしょうか。本来美容室は話をする場所ではありません。美容師の仕事はお客さんの望むようにヘアスタイルを作ることでしたが、様々なサービスを持って他店との競争を始めた美容室にとって、会話で持ってお客さんを獲得しようとした結果、美容師との会話を苦痛に思うお客さんを生んでしまった、という皮肉な結果になって知ったのかもしれません。美容室へ行くと、カットだけなら1時間もかからないかもしれませんが、パーマやカラーとなるとかなり長時間を美容室で過ごす事になります。その間の美容師との会話が苦痛、となると、どんなに技術が良くてもなんとなくその美容室から足が遠ざかってしまったお客さんも中に入るかもしれませんね。もともとしゃべるのが好きではない、というお客さんもいる事を美容室は理解しておかなくてはいけませんね。美容室と言う所は、自分の顔周りに関して色々と施してもらう場所ですから、致し方ない事なのですが、どうしても美容師さんとの距離が物凄く近くなる場所です。本来は美容師さんとは他人です。かつての地域密着型の美容室であれば、昔からよく知っている美容師さん、という馴染みも有ったかもしれませんが、最近の美容室では美容師さんと初対面であることが殆どですし、美容室難民という言葉があるぐらい、固定の行きつけの美容室をなかなか見つけられない人が多く、殆どのお客さんがそんなに美容師さんの事を「親しい間から」とは思っていないのが現実でしょう。そんな本来は他人である美容師さんとの距離が、よりによって一番息遣いを感じられる顔の周りで距離を縮められるのは、本当はとても恥ずかしい感じがしませんか?それを単純に「美容師と客なんだからどうってことない」と思う人が殆どかもしれませんが、中には「美容室ってあまりに美容師との距離が近くて苦手」と言う人もいるようですね。大きな鏡の前で自分と美容師さんがかなり近い距離で映っている様子、というのは自分で見てもとても緊張しますよね。美容師によってはあえて自分の方へ顔を向けて話しかけたり覗き込む様な感じでカットする美容師もいて、その距離感の近さに常に緊張してしまう、というお客さんもいるでしょう。床屋 与野本町駅 美容院 パーマ シェービング メンズ 安い 口コミ