見習いの仕事は美容室の支え

見習いの仕事は美容室の支え

当然のことながら美容師免許を持っていない見習いの人はアシスタントの人以上にお客さんとの距離のある仕事しかできない、という事になります。ですがこの期間と言うのはとても大切で、たとえば始めて社会人として働くわけですから、社会人としての基礎を学ぶ場だと考えれば必要な時間です。美容師の仕事というのは最終的にスタイリストがお客さんのヘアスタイルを作る訳ですが、そこに至るまでにもさまざまな仕事がありそれらがすべてうまく整ってスタイリストはお客さんの髪を切ることができる、というものです。たとえば私達がお客さんとして美容室へ行くときにはあまり意識はしていませんが、美容室のシャンプーなどのヘアケア剤やカラーリングやパーマの薬剤がなければスタイリストもお客さんの希望のメニューに応える事はできません。つまりその仕入れや在庫の管理をする人も必要だ、という事です。仕入れただけではなく、それをスタイリストが使いやすいように管理する事も大切な仕事となります。御客さんとのかかわりに関して言えば、お客さんが予約の電話をしてくれる時には、その電話を受ける人が必要となります。予約を管理して担当美容師に振り分ける事も上手くできていなければお客さんに迷惑を掛けます。こういった仕事があって初めて美容室は成り立っている、という事を意識したいものです。美容師になるためには美容専門学校へ行くのが当たり前、と思っている人もいるかもしれませんが、それと同時に「美容師見習い」として働きながら美容師免許の取得を目指す事も出来ます。この場合多くの人は学校の方は通信制を選びます。働きながら学校に通いながら美容師を目指す、という事ですね。ですがたとえ美容専門学校を卒業してきちんと免許を取得してから美容室に採用されたとしても「アシスタント」としてまだお客様の髪の毛を触ることが出来ない修業期間がありますよね。このアシスタントと呼ばれる人たちと見習いの人たちでは、どのように仕事の内容や立場が違うのでしょうか。その両者の大きな違いは「美容師免許を持っているかどうか」と言う事でしょう。見習いのみなさんの多くは美容師としての知識はまるで持ちあわせない状態で美容室に採用される事が殆どでしょう。求人情報を見てみると「美容師免許不問」などと書かれていると思いますが、免許を持っていなくてもいいですよ、という了承のもと採用されます。これに対してアシスタント募集と書かれた求人では美容師免許を持っている事が前提として採用されることになります。当然そのぶん給料面などの待遇も大きく違ってくる様ですが、その仕事内容にも違いがあるのでしょうか。美容室 ヘアサロン 二子玉川 カット カラー パーマ 人気 予約