共感し合っているか

共感し合っているか

カウンセリングが終わっていよいよヘアスタイルを作る、となった時にも美容師とお客さんの心理と言うものにずれが生じる可能性があります。美容師にとっては「このようなスタイルを作る」となったらそれに向って自分の持っている技術を駆使して作ることに意識を集中させればよいかもしれません。ですがお客さんの方はそんな美容師の態度やしぐさ一つ一つが気になってしまう事でしょう。ハサミの音がかなり響いた時には「そんなに切って大丈夫?」と思ってみたり美容師が少ししかめ面をしたように見えた時には「私の髪質は扱いづらいのかな」と心配になってしまったり、なんとなく思っているヘアスタイルとは違う方向へ向かっているように感じてしまったり、と色々な事が不安で仕方がないものです。特に初来店でまったく初めての美容師に担当してもらっているときには、美容師の態度やしぐさも気になれば周囲のお客さんの様子も気になったりするものでしょう。そんなお客さんの不安をそのまま放置してしまうのは良くありません。今何をどのようにしていてどんなスタイルになっていくのか、という事の説明は欲しいものです。素敵なヘアスタイルに向っているのだ、という事をお客さんと共感する時間を持つことが大切でしょう。美容室での仕上がりに満足できるかどうかの境目は美容師の技術よりもカウンセリングで決まる、と言っても良いのではないでしょうか。その美容師がお客さんの希望にどれだけ寄り添う事が出来るか、という事がとても大切だと思うのです。美容師はプロですから「これじゃない方が良い」と思う事もあるのは当然です。ですがお客さんにしてみれば自分が思っているスタイルになれることを望んでいるんですね。ですからその妥協点へいかにうまく導くことができるか、という事がとても大切だと思われます。お客さんにとって最悪なのは、なりたいスタイルを伝えているにもかかわらずそれを全否定して美容師自身が作りたいスタイルを押し付けられてしまう事でしょう。最初からお任せする、という気持ちで来店しているお客さんならば美容師のセンスをフルに発揮するのが良いと思いますが、そうではない場合にはお客さんの気持ちに寄り添いながらそのお客さんにベストなヘアスタイルをプロの目線から提案する事が大切で、いくら美容師が良かれと思ってすすめたヘアスタイルでも、そのカウンセリングはお客さんにとっては「自分の気持ちを無視された」「勝手に美容師が作りたいスタイルを押し付けられた」としか思えない事になります。表参道駅 求人 美容院 業務委託