髪の毛の元々の姿

髪の毛の元々の姿

身体の老化、というのは誰もが老化してしまうのは仕方がない、と思っている所でしょう。おそらく「どうして老化が起きるのか?」と言う事にはあまり興味はなく、ただ老化現象が起きる事に焦ったり失望したり、という感じになっている事と思います。誰もが食い止めたい老化現象ですが、老化が起こる仕組み、というのはどういう事なのでしょうか。特に髪の毛の老化については、その人の見た目を大きく変化させるものですから原因が解明されて老化が起きない、もしくは遅らせる事が出来るようになる事を誰もが思っている所でしょう。髪の毛はみなさんもご存知の通り生えてきて、伸びて、いずれは抜け落ちていく、というサイクルを一本一本が繰り返しています。そういうサイクルの中でいずれは老化現象が起こって髪の色素が抜けた状態、いわゆる白髪になったり抜け落ちる量が増えたり、生えて来なくなったり、という事が起こってくるんですね。肌にはしわやシミが増えたりたるんで来たり、という老化現象が起こるのと同じことだと言えるでしょう。実は髪の毛はそもそもが皮膚と同じ組織で出来ている、と言われています。人間が進化していく過程で皮膚の組織が変化して人毛となったのだろ言われています。人毛に変化する以前の人間の姿を想像すると不思議な感じですね。よく言われているのは「人間の毛は大切なところ、守らなければならない所に生えている」と言う事ですね。確かに考えてみればそうです。脳、血管が集中している所、性器、そういった人にとって大切なところはけで覆われています。これは大切だから何かで保護しなくてはならない、という人間の防衛本能として、人の皮膚細胞が変化して人毛に進化していった、という事がいえるでしょう。頭皮についていえば、確かに頭皮の内部には人間にとってとても重要な脳が収まっています。脳を保護するためには頭皮だけでは外傷を受けやすい、だから他のからだのどの部分よりも多く人毛が頭皮を覆って外部からの衝撃に対して、クッションの様な役割をしているんですね。それは何か個体からの衝撃から守るだけではなく、直射日光からも脳を守っているのですね。この皮膚細胞が変化して出来た髪の毛ですが、もともとが皮膚細胞なので、皮膚と同様に新陳代謝を繰り返すもののようです。なかなか目には見えにくいですが、私達の肌は新陳代謝を繰り返して常に良い状態を保とうとしていますが、肌にも老化現象が起きます。そう考えるともともと皮膚と同じ細胞で出来ていた髪の毛も、新陳代謝、つまり抜けたり生えたりを繰り返しながら、いずれは老化していく、というプロセスは納得できますよね。美容室 ヘアサロン 栄 カット カラー パーマ 人気 安い