髪の毛の寿命

髪の毛の寿命

髪の毛というのはそのライフサイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」と呼ばれているようです。それぞれの時期の髪の毛の状態や細胞の活動を頭に描いておくことは、今の自分の髪の毛がどういう状態で、今後どうなっていくのか、という事を知る上でとても大切でしょう。まず成長期は3年から7年続きます。その後約2週間から3週間程度の退行期に入ります。これはいわゆる成長期と休止期の間の移行期間だと考えるとよいでしょう。そして休止期が3ヶ月から半年つづきます。人間の毛根はとてもたくさんありますから、すべての毛根が一斉に同じプロセスをもたらす、という事は無理な話なのですが、だいたい毛根の状態が正常であれば、髪の毛は一定のボリュームを保ちながら成長期を過ごしている事になるでしょう。ですがさまざまな事が要因となって、成長期が上手く保たれない事態も発生するようですね。たとえば過度のストレスを受ける事で活動期が短くなる事も有りますし、毛根一つ一つにかかるストレスもまた一様ではない事もあります。当然のことですが髪の毛の成長が保たれているのはこの活動期ですから、美しい髪の毛の意地やボリュームをキープする事を考えるならば、この活動期の事について良く知る必要があるでしょう。髪の毛の成長期と言うのは髪の毛がどのような状況にあるのでしょうか。私達の毛根の内部には「毛母細胞」と呼ばれる組織が働いています。この毛母細胞が細胞分裂と繰り返す事によって髪の毛が成長するんですね。細胞分裂をして増加した細胞がどんどんと皮膚組織の表面へと押し出されることにより、髪の毛が伸びていくんですね。つまりこの細胞分裂が活発な間は、私達の髪の毛は伸びるのです。そしてその毛母細胞が分裂を繰り返す事ができる期間がだいたい3年から7年という期間となるようです。細胞分裂が沈静化するとそこから退行期、休止期、へと変わっていき、最終的には髪の毛の寿命となり抜け落ちます。ですからこの髪の成長期が長ければ長いほど、髪の毛が長く生え続けている事が出来る、という事になります。ここでおそらく疑問に思うのは、それなら全ての毛母細胞が休止期を迎えてしまったら、そこで一度に髪の毛が抜けてしまう事にはならないか、という事ではないでしょうか。サイクルるが3年から7年だとしたら、私達は生きている間に何度か髪の毛が抜け落ちてハゲている状態になっているはず、と思ってしまいますよね。ところがそこは上手くできているもので、すべての毛母細胞が一度に休止期を迎える訳ではないようなんですね。上福岡の床屋