自宅に他人が出入りする感覚

自宅に他人が出入りする感覚

自宅が美容室、という人にとっては自分の家に店舗がある訳です。もちろん家族が出入りする玄関と店の入り口と言うのは分かれているでしょうけれども、それでも自分の家に知らないお客さんたちが出入りしている事には変わりありません。幼少のころからそうやって過ごしているのでそれが当たり前かもしれませんが、サラリーマン家庭の子ども達から考えてみると、自宅に両親が揃って毎日いる事も考えられないことかもしれませんが、知らないお客さんが出入りする事も不思議なことかもしれませんね。自分の家でありながら美容室である、というのはどんな感覚なんでしょうかね。よく言われているのはお客さんとも顔なじみになって、幼いころから可愛がってもらった、という常連さんとのかかわりもあるようですが、思春期の頃になると、それもちょっとうっとおしい感じになってきたりもするのではないでしょうか。もっともそうやって他人の目がある環境で育つことは、決して悪い環境ではなく、皆に見守られて育つ、という感じなのかもしれませんけれどね。時にはお客さんに対して、「あの人は好きではない」とか「お客さんに話しかけられるのは面倒」という経験もするかもしれませんね。サラリーマン家庭とは全く違った環境であると考えられますね。親が美容師の人にとっては当たり前のことかもしれませんが、一般的なサラリーマンの家庭では、自分の親が働いている姿を見たことが無いのが普通だと思いますね。ですが自宅で美容室をやっている家庭では、自分の親が仕事をしている姿を見ながら育つことになります。特に美容師に関して言えば、特別な技術を身に着けている親の姿と言うのはどのように映るものでしょうか。おそらく幼いころからそういう姿を見ていると、その姿をカッコよい、と思ったり、自分もあんな風に美容師になりたい、と思う時期も一度はあったのではないでしょうか。逆に仕事に枚に忙しくしている両親に対して、本当はもっとかまってほしい、と思う気持ちもあったりして、「美容師なんて嫌いだ」と思っていた人もいるかもしれませんね。ちょっと反抗期の年齢の頃には、自宅に人が出入りするのもうっとおしく思う事もあるかもしれません。ですが親が日々一生懸命に働いている姿を間近で見ながら生活する事は、おそらくその苦労を知らず知らずのうちに目の当たりにしているものでしょう。時には親に対して尊敬の念を抱くこともあるのではないでしょうか。親が勤めに出ている家庭に育った人であれば、一度も親が働く姿を見たことが無い、という人もいるかもしれません。ヘアサロン 鶴瀬駅 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い 口コミ