あまったアイシャドウ、捨ててない?こんな賢い活用法もあります

あまったアイシャドウ、捨ててない?こんな賢い活用法もあります

女性の目元を綺麗に演出してくれるアイシャドウ。
3色入ったアイシャドウを買って使っている女性も多いでしょう。

 

しかし、最後の方になってくると中途半端に残って使いきれない…といったことありませんか?
あるいは、色に飽きてしまって新色が欲しくなった時、もう使わないけれど処分するのは勿体ない…という時ありますよね。

 

このように、アイシャドウがまだ残っているけれど使わないといった時、すぐに捨ててしまうのは惜しいので、他のことに活用しましょう。

 

それでは、余ったアイシャドウをどこに使えばいいのかというと…。

 

○残ったアイシャドウはアイブロウとして使えます

 

意外と知られていませんが、残ってしまったアイシャドウは、アイブロウとして活躍します。
旅行先や外出先に持ちあるけば、眉毛を途中で直したい時にも役立つでしょう。
それでは、シャドウを眉毛にどのように活用すればいいのでしょうか。

 

使い方もとても簡単。

 

眉毛の上に、ふんわりとアイシャドウをのせるだけです。
アイメイクの色みと合わせて、アイシャドウも同じ系統のシャドウをのせることによって統一感が出て、より一層垢抜けた印象になります。

 

シャドウがふんわり感を出してくれるため、ペンシルで眉を描くよりも優しい印象になります。
ぼんやりし過ぎてしまう人は、眉の下のラインだけ、ペンシルを引いてみるだけでもはっきりするでしょう。
ペンシルで全て眉をかいてしまうと、目元ははっきりしますが、きつい印象になってしまうことがあります。眉毛をシャドウで仕上げるかペンシルだけでかくかによっても、かなり全体の印象が変わってきます。

 

 

最近はナチュラルメイクブーム。男性にイノセントな雰囲気を与えることができ、一気に距離が縮まるでしょう。
モテを狙うなら、今年はしっかりめメイクよりもうす盛りメイクにシフトしてみてください。
といっても、ナチュラルに仕上げるメイク法がわからない!という女子も多いはず。
イノセントな雰囲気を出しつつもこなれ感を与えてくれるのが、実は口元の色。

 

真っかな口紅でアピールするのも楽しいですが、ピュアな印象にしたいなら、赤ちゃんのようなほんのりリップに仕上げましょう。

 

○ほんのり色づくベビーリップメイクが正解!

 

誘っているかのように鮮やかなリップも素敵ですが、イノセントな雰囲気とはかけ離れてしまいます。

 

ピュアでウブな印象にして男心をつかむには、ほんのり色づいているくらいな自然なリップカラーがおすすめ。

 

自分のもともとの唇の色を最大限生かしましょう。
唇のカラーを重くしないことで、抜け感も出て逆に色っぽく見えることも。
もともと血色が良ければ、透明のグロスをオンするだけでも十分です。
リップを淡い桜色にほんのり入れるのに合わせて、チークやアイブロウもふんわりとのせましょうね。

 

○ベビーリップメイクでは物足りないあなたは…

 

ナチュラルな印象に仕上げるベビーリップメイクではなんか引き締まらない!と、物足りなさを感じる女子は、パール感のあるリップを使うのもいいでしょう。この時も、色みは抑え気味に。
そして目元のまぶたにもラメ感をプラスすれば、華やかさが出ます。

 

新小岩 転職 美容院 求人