合わなくて当然

合わなくて当然

美容師さんって個性的な人が多いけれども、ひとつのお店の中でその個性がぶつかり合ってしまったりしないの?と疑問に思った事はありませんか?確かに美容室で働いている美容師さんを一人一人見ていたら、とても個性の強い人ばかりだ、と思う事ってありますよね。毎日同じ場所で働いていて、その個性がぶつかり合ってトラブルになったり険悪なムードになることってないのでしょうか?もちろんどの業界でも人間関係があまり良くない職場ってありますよね。そんなに珍しい事ではありませんが、美容師と言う職業は本当に個性の強い人が多いですし、またその個性が無ければお客さんに対して斬新なアドバイスをする事も出来ませんから、そういう点では働いている美容師同士が一番、その個性のぶつかり合いを感じていると思うんですね。そしてそういう個性のぶつかり合う場所が美容室である、という事もみなよくわかっているのではないでしょうか。逆にその個性とは、自分にはないセンスを相手が持っている、という所でリスペクトしているかもしれませんし、違って当然なのだ、という考え方をみな美容師同士が持っているものだと思います。そしてそう考えなければ、その美容室の雰囲気も悪くなってしまいます。いろいろな個性の美容師がいるからこそ、お客さんも自分に合う美容師を見つける事が出来る訳ですからね。一般的によく言われているのは美容師の世界は上下関係がたいへん厳しい、という事です。お客さんのまではあからさまにそういう関係を見せる事はあまりありませんが、美容室によってはその厳しさをお客さんでも感じてしまうようなケースも有りますよね。お客として美容室と言う空間にいる時には、あまりそのようなギスギスした感じは見たくないものです。逆に先輩美容師がアシスタントの事をとても思いやっている感じとか、励ましている様子などを目にすると、その美容室自体にとても好感が持てますよね。アシスタントがびくびくして働いている様な感じの美容室と言うのは、ちょっと居心地の悪さを感じてしまうものです。そんな厳しい上下関係にありながら、お客さんの前では笑顔を作って接しなくてはいけない、という美容師の仕事は、とてもストレスを抱えやすい職場なのではないでしょうか。アシスタントの皆さんはお店が閉店した後で、先輩について自分の練習をする、と言われています。御店が開いている間でも十分疲れているでしょうに、そのあとで先輩美容師との絡みがある、というのは精神的にもとても辛そうです。それでも先輩後輩がうまく良い関係を気付いている美容室、というのはオーナーさんや店長さんの指導が良い美容室なのかもしれませんね。美容室 菊川 美容院 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い 口コミ