洗い方を見直す

洗い方を見直す

老化現象への対策、と聞くと仰々しく感じるかもしれませんが、要するに普段何気なく行っているシャンプーを少し見直してみる事から始めればよいようですね。これは老化現象と言うよりは美髪を保つためにも効果的な事です。シャンプーを見直す、という時に考えた方が良いのは、髪の毛を洗う、という事ではなくて「頭皮の汚れを落とす」と言う事を意識するとよいようです。頭皮の汚れを落とす事に意識すると自然とシャンプーの時に頭皮を揉むようにして洗うと思われます。それが同時に頭皮のマッサージにもなります。毎日続けることで頭皮の状態を常に柔らかく保つことができるでしょう。その事が頭皮おの血流を滞りなくさせるのに役立ちます。また頭皮をキレイに保つにはシャンプーやコンディショナーを頭皮を残さない、という事も大切なんですね。そのために必要なのは、予洗いでしっかりと皮脂の汚れや洗い残したヘアケア剤を落とす事が大切です。そこからその日のシャンプーを行い、その時のシャンプー剤も頭皮に残さない様にしっかりと洗い流す事が大切です。シャンプーで頭皮の汚れを落とす事も大切なのですが頭皮にとってはこのシャンプーが残ることが、毛穴の詰まりなどの原因なるからです。シャンプーを頭皮に残さないためには、シャンプーを付ける時に毛先から付けていく事を意識するのも良いと言われています。老化の予防としてシャンプーの仕方や頭皮マッサージも大切ですが、髪の毛そのものを大切にするためには髪の乾かし方も大切です。洗っただけでは満足しないで、きちんと乾かすところまで意識する事が大切です。おそらく一番多くの人がおろそかにしているのは、タオルドライではないかと思います。シャンプー後の髪の毛は当然濡れているのですが、それをすべてドライヤーで乾かそうとするとかなりの時間がかかります。ドライヤーの熱は髪や頭皮を傷める原因となりますから、使用時間は最小限にとどめるのことが良いとされています。ですからドライヤーの仕様の前にしっかりと取り除くことができる水分はできるだけタオルドライで取り除いておくことが大切でしょう。タオルドライをする時のコツとしては、髪の毛をゴシゴシとこするような乾かし方をしない事です。水分をタオルに押し付けて吸い取るような気持で行うのが良いでしょう。特に髪の毛の毛先は傷つけやすいものですから、毛先をゴシゴシとタオルでこするのは良くありません。このタオルドライをしっかりと行た上でドライヤー使用します。髪の毛から少し離したところから温風を当てますが、まずは頭皮を乾かす事を意識して、そのあとで頭頂部から毛先へ、という順番で乾かしていくのが髪の毛を傷つけない乾かし方となっているようです。美容室 ヘアサロン 綱島 カット カラー パーマ おすすめ 安い